• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

後発白内障とレーザー後嚢切開術

白内障手術では濁った水晶体を取り除き代わりに薄く透明な人工眼内レンズを入れます。
https://meisha.info/archives/793
https://meisha.info/archives/761
ほとんどの患者さんはよく見えるようになったと喜びますが、そのうちの1割程度は半年以上の後、再び見えにくくなったと訴えて眼科を受診します。
白内障が再発したように感じるため後発白内障と呼ばれますが、専門的には術後の後嚢混濁PCO: posterior capsular opacityと呼ばれます。

後発白内障のメカニズム

水晶体は水晶体嚢と呼ばれる袋が水晶体核水晶体皮質を包む構造で、これがチン小帯という糸で眼球内に吊り下げられています(図の左)。
手術では水晶体嚢の前面(前嚢)に窓を開けて核と皮質を取り除き、残った嚢の中に眼内レンズをいれます(図中央)。
水晶体嚢はコラーゲンでできた本来透明な膜ですが、手術後わずかに残った水晶体皮質の上皮細胞が増殖して嚢の後壁である後嚢の前面に沿って瞳孔中央まで広がると、光を散乱して後発白内障を発症します(図右)。

Nd:YAGレーザー後嚢切開術

治療はNd:YAGレーザー後嚢切開術で外来にて10分程度で終了します。
Nd:YAGレーザーはナノ秒(10億分の1秒)という超短時間のパルス発振が可能なレーザー光で、エネルギーが短時間に集中することで、熱ではなくプラズマ爆発が起こります。
その際の急速な膨張による衝撃波で狙った位置の後嚢を円形または十文字に切ることができます。

図左は治療前の目で瞳孔内の後嚢部分がすりガラスのように濁って見えます。
その前には人工眼内レンズがあるのですが透明なので写真では見えません。
図右は治療後で後嚢中央が破れて窓ができ、ここを通し患者さんはよく見えるようになります。
窓周囲の後嚢にぴったり接触している眼内レンズがはずれる心配はありません。