• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

近視の度数と程度

[私の近視は0.02です]のように話す患者さんが多くいます。
彼らが自分の目の近視の程度だと思っている0.02などの数字は、実は近視の度数ではありません。
これは遠見裸眼視力https://meisha.info/archives/300の値、すなわちメガネなしで調べた視力の値です。(単に裸眼視力と呼ばれることもあります。)

近視の度数

近視の度数は近視という屈折異常を矯正するレンズの度数です。
そしてレンズの度数はメートルで表した焦点距離の逆数で表されます。
焦点距離が50センチ(1/2メートル)の凹レンズの度数は2D(ジオプター)で、焦点が光の進行方向の反対側に出来るのでマイナスがついて-2Dとなります。
この-2Dのレンズを眼前においたときに遠方からの平行光線が網膜上で焦点を結び、最良の矯正視力になる目が-2Dの近視です。
そしてメガネなしの裸眼の状態では、この-2Dの凹レンズの焦点の位置の対象にピントが合います。

遠点と近点

上記はすべて、水晶体が最も薄くなる無調節という条件付きでの話です。
実際の若い目では調節によって水晶体を厚くすることができるので、眼前50センチよりも手前の対象にもピントが合います。
最大限の調節でピントがあう眼前の位置を近点と呼びます。
これに対して無調節の状態でピントの合う位置は遠点です。
遠点と近点の間が裸眼でくっきり見ることのできる範囲です。

正視の遠点は無限遠で、近視の遠点は[近視度数の逆数]メートルの位置です。
上記の-2Dの近視であれば、1/2メートルで50センチになります。
したがって近視の度数は、[メートルで表記した遠点の逆数にマイナスをつけた値]ということもできます。

近視の程度

近視の程度はDの単位で示す近視度数を用いて以下のように分類されます。
① 弱度近視:-0.5D以上-3.0D未満の近視
② 中等度近視:-3.0D以上-6.0D未満の近視
③ 強度近視:-6.0D以上の近視
https://meisha.info/archives/300