• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

山梨の目医者 投稿一覧

人畜共通感染症

人畜共通感染症(zoonosis、人獣共通感染症ともいう)はヒトと他の脊椎動物の間を病原体が自然に伝播する感染症です。眼科に関係するものとして、網脈絡膜炎を生じるトキソプラズマ症やトキソカラ症、視神経網膜炎などを生じる猫 ...

続きを読む

イベルメクチンによる河川盲目症の撲滅

感染症の原因である病原体には細菌、真菌、ウィルス、寄生虫などが含まれます。生物は細胞核の有無によって原核生物と真核生物に分類されますが、細菌は原核生物であり、真菌と寄生虫は真核生物です(ウィルスは細胞をもたず、自己複製能 ...

続きを読む

河川盲目症:オンコセルカ症

イベルメクチン 2015年のノーベル生理学・医学賞は「線虫nematode寄生による感染症の新たな治療法の研究」で、大村智先生が受賞しました。大村先生が発見した放線菌(Streptomyces avermectinius ...

続きを読む

外傷性緑内障

右目の視力低下と眼痛を訴える34歳男性が近医を受診したとき、矯正視力は0.9/1.2で右目の角膜には浮腫がみられ、眼圧は68/16mmHgでした。翌日の大学病院への紹介受診時には、緑内障点眼薬とダイアモックス内服にて眼圧 ...

続きを読む

隔壁を伴う原田病の網膜剥離

汎ぶどう膜炎のフォークト-小柳-原田病(VKH)は頭痛や耳鳴りなどの眼外症状を伴い両眼同時発症することが特徴です。OCTで隔壁がみられる滲出性網膜剝離が急性期の特徴的です。網膜色素上皮(RPE)から視細胞外節が剥離する網 ...

続きを読む

前房蓄膿と細菌感染

前房蓄膿は白血球が水平面を作って前房に貯留する所見です。ベーチェット病(左)、細菌性角膜潰瘍(中央)、白内障術後などでの細菌性眼内炎(右)でみられます。 前房蓄膿の組成 皮膚の傷口では、繁殖する細菌を貪食するために集まっ ...

続きを読む

白内障手術の決め方

白内障はあるかないかではなく、濁りの程度と部位が問題であることを前回説明しました。https://meisha.info/archives/990しかし白内障の濁りの程度を正しく評価することはベテランの眼科医であっても容 ...

続きを読む

Leber遺伝性視神経症(Leber病)

Leber遺伝性視神経症(Leber hereditary optic neuropathy: LHON)は、ミトコンドリアの電子伝達複合体をコードする遺伝子の異常によって、網膜神経節細胞(RGC)にアポトーシスを生じて ...

続きを読む

白内障の程度

白内障は細隙灯顕微鏡でみた水晶体の断面像で診断しますhttps://meisha.info/archives/976が、その判断結果は必ずしもクリアカットではありません。写真は矯正視力1.0で無症状の目の細隙灯顕微鏡像で ...

続きを読む

後嚢下白内障の診断

多くの白内障は、水晶体の断面を細隙灯顕微鏡で観察して診断します。https://meisha.info/archives/976水晶体の断面では前嚢、前部皮質、核、後部皮質、後嚢を区別します。 混濁部位による白内障の分類 ...

続きを読む