• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

山梨の目医者 投稿一覧

コロボーマ

眼球発生の基となる第一次眼胞primary optic vesicleは胎生3週頃に神経外胚葉から生じます。その後、眼胞は陥凹して内外2層から成る眼胚(第二次眼胞)optic cupを形成し、内板は神経網膜に、外板は網膜 ...

続きを読む

涙小管炎

涙小管炎の代表的所見は拡張した涙点周囲の発赤腫脹と多量の膿、周囲結膜の充血、眼瞼腫脹などで、中高年の女性に多くみられます。傷ついた涙小管粘膜での慢性の細菌感染によって菌石(涙石、菌塊)が涙小管内に形成され、抗菌薬点眼に抵 ...

続きを読む

Herringの法則とHess赤緑試験

Herringの法則 右方視や左方視、上方視、下方視のように両眼が同じ方向を向く眼球運動は[むき運動]で、その際に働く両側の外眼筋を[ともむき筋]と呼びます。たとえば右方視の際の右:外直筋と左:内直筋の組み合わせ、右上方 ...

続きを読む

眼科専門医試験の病理組織問題

眼科専門医試験には病理組織の写真をみて解答する問題が毎回2-3題出題されます。そこで最近3年分の出題内容を調べてみました。 2023年、問題10:45/F 眼瞼基底細胞癌 眼瞼基底細胞癌の多くは図のような潰瘍を伴う結節型 ...

続きを読む

角膜知覚計

本ブログは2020/8にスタートして2023/12/31時点で475記事を数えます。若手眼科医に読まれているせいか、2024年正月には[このブログが専門医試験に大変役立ちました]という年賀状が筆者宛てに届きました。 20 ...

続きを読む

ヘスチャートの読み方 3:両眼性障害

複視の原因が片眼性で単筋の障害であれば、ヘスチャートの[田の四角]が小さい眼の結果から障害筋を同定https://meisha.info/archives/4863することが可能です。木村亜紀子: Hess赤緑試験. 眼 ...

続きを読む

ヘスチャートの読み方 2:両眼同大

前回、片眼性の眼球運動障害のヘスチャートを説明しました。https://meisha.info/archives/4863片眼性では左右の[田の四角]の大きさが異なり、小さいほうが眼球運動障害のある目です。さらにその[田 ...

続きを読む

ヘスチャートの読み方 1:片眼性障害

複視を訴える患者さんの診察の前にヘス赤緑試験をオーダーする眼科医がいますが、これは正しくありません。https://meisha.info/archives/4621 対座法 → ヘス 複視の診療では患者さんが訴える像の ...

続きを読む

適切なメガネ指導のために

視能訓練士ORT 視能訓練士ORT: orthoptistとは[医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行なうことを業とする者]と規定されています。(昭 ...

続きを読む

メガネトラブル

屈折異常(近視、遠視、乱視)や調節異常(老視)でのぼやけはメガネで矯正できます。https://meisha.info/archives/2761しかし表のごとくの不適切な処方や誤った使用法のメガネ使用で、目の不調を訴え ...

続きを読む