• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

網膜色素変性とエスターマンテスト

網膜色素変性診療と視野検査

網膜色素変性https://meisha.info/archives/726は典型的には夜盲で発症し、進行性の求心性視野狭窄を特徴とします。
その検査にはイソプターというアナログ表示のゴールドマン視野計が以前は標準でした。
これに対して平均偏差MD: mean deviationで進行速度を定量評価できるハンフリ-視野など自動視野計が経過観察に有利との考えが広まっています。https://meisha.info/archives/878
しかし中心10-2プログラム進行評価には有用であっても、この病気の特徴である求心性視野狭窄の評価には適していません。
その目的のためにはハンフリー視野の30-2と60-4プログラムあるいはゴールドマン視野検査が必要ですが、簡単ではありません。
これに対してエスターマンテストは、患者さんのQOLに影響する周辺視野狭窄の状況をより簡便に捉えることができます。

エスターマンテスト

エスターマンテストは、下方視野中心水平 70 度以内に配置された120点に提示されるサイズⅢ、1,000asbの 視標(10dB)が見えるかどうかを調べる閾上刺激検査です。
片眼のテストも可能ですが、両眼開放でのエスターマンテストhttps://meisha.info/archives/2854は、視覚障害による身障者手帳https://meisha.info/archives/2849障害年金の[眼の障害]https://meisha.info/archives/2862の診断書作成において利用されています。
図は両眼とも30度付近の輪状暗点を示す網膜色素変性患者さんのゴールドマン視野と両眼開放エスターマンテストの結果です。
視野中間部の対象は見失うが足元や側方の視野には問題ないことがエスターマンテストでよく理解できます。