• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

視機能/色覚

哺乳類の色覚の進化

色覚は視細胞のうち昼間働く錐体の機能です。錐体オプシンを何種類持つかで2色型、3色型、4色型という色覚の次元が決まります。脊椎動物では4色型だった色覚が哺乳類では2色型色覚となり、4→2と次元が低下しました。しかしその後 ...

続きを読む

脊椎動物の色覚

ヒトの色覚異常の多くは先天赤緑色覚異常で、緑~黄緑~黄~橙~赤と変化する中、長波長領域の色の見分けが苦手です遺伝子の異常によってL錐体とM錐体のいずれかが欠ける2色覚、あるいはどちらか一方が異常で両者の差がわずかとなる異 ...

続きを読む

色覚異常の目が苦手な色見分け

先天赤緑色覚異常では赤と緑の区別がつきにくくなります。それはどうしてでしょうか? ヒトの色覚は3色型色覚 正常ヒト網膜には吸収波長が異なるL錐体、M錐体、S錐体の3種類の錐体があり、その入力信号の組み合わせによって、赤、 ...

続きを読む

障害年金[眼の障害]認定基準の改正

障害年金 網膜色素変性などで視野が狭くなり、中心視野の障害で矯正視力も低下してくると、これまでできていた仕事も困難になり生活は苦しくなります。しかし健康保険に加入している患者さんで基準に該当すれば、障害年金を受け取ること ...

続きを読む

自動視野計による視野障害等級

身体障害者手帳の障害等級を定める身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号「身体障害者障害程度等級表」は2018年に改訂され、視野障害による視覚障害の等級は自動視野計でも判定できるようになりました。 ...

続きを読む

身体障害者手帳の視覚障害と等級

身体障害者福祉法 身体障害者手帳は1949年(昭和24年)に制定された法律:身体障害者福祉法https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=324AC1000000283で規定される[障 ...

続きを読む

診断書と視覚障害認定基準

網膜色素変性の患者さんから依頼される診断書 進行性に視野が狭窄し矯正視力も不良となることのある網膜色素変性https://meisha.info/archives/726の患者さんからは、以下の申請のための診断書を依頼さ ...

続きを読む

色覚異常の分子生物学

正常なヒトの目は波長による光の吸収特性が異なる3種類の錐体によって、色の違いを見分けています。https://meisha.info/archives/1463実験条件の違いによってばらつくものの、光の吸収ピーク波長はL ...

続きを読む

先天赤緑色覚異常の検査

先天色覚異常のほとんどは先天赤緑色覚異常です。光の波長によって緑-黄緑-黄-橙-赤と変化する色相は、異常者には似通って見えるため仮性同色(混同色)と呼ばれます。仮性同色を利用して異常者を検出する検査は仮性同色表と呼ばれ、 ...

続きを読む

先天赤緑色覚異常

ヒトの網膜は380 nm(ナノメートル)から780nmの間の可視光の波長をS錐体、M錐体、L錐体の3種類の錐体によって色の違いとして認識しています。例えば550nmの光はM錐体を70%、L錐体の80%を刺激することでヒト ...

続きを読む